A cappella Group PYLON

PYLON(パイロン)は1999年に結成された混声アカペラグループです。

メロディー、ハーモニー、リズムのすべてを、声と息だけで作りだす音楽、アカペラ。
5人、6人編成のスタイルが主流のなかで、PYLONのメンバーは4人。
しかし初めてコンサートをご覧になった方は、こう口を揃えます。
「たった4人の声だけだなんて信じられない!」
表情豊かな存在感のある音色と緻密に計算されたアレンジ、それがPYLONの奏でるサウンドです。

アカペラはもともと教会で、「歌詞をしっかり伝える」ために生まれた表現方法です。
PYLONは歌詞とその世界をハーモニーで表現することにも特に心を砕いています。
根底に流れるテーマは「愛と平和」。
好きな人と、好きな歌が、好きなように歌える世の中がいつまでも続きますように。
そんな願いを小さな子供から年輩の方まで、さまざまな公演活動を通じて届けています。

メンバーチェンジを経て現在はうしお、あっこ+サポートボーカルというスタイルで活動中。

略歴

 

1999年 うしお、あっこを中心に結成。第2回関西アカペラジャンボリー(KAJa!)に出場 
2000年 プロデビュー
2001年 神戸文化ホールで初のワンマンライヴ
          日本のアカペラの聖地「CASHBOX」でレギュラーライブ開始 
2002年 1stアルバム「Take A Chance!」発売、EPICソニー「Acappella Love Songs」に参加 
2003年 サンテレビ音楽情報番組のテーマソングを担当・レギュラー出演 
          鹿児島、北海道を皮切りに全国での学校公演を本格的にスタート
2004年 2ndアルバム「Da・Da・Da・Da」発売、大阪ブルーノート(現・ビルボードライブ大阪)で公演 
2005年 関西オープンボウリング大会開会式で国歌斉唱。韓国クルーズ公演 
2006年 奈良テレビ「エントランスコンサート」出演。 
          のじぎく兵庫国体開会式典で選手団歓迎演奏 
2007年 念願の沖縄公演を実現
2008年 学校公演が全国40都道府県を超える
2009年 結成10周年記念コンサート。「CASHBOX」での公演が100回を越える 
2011年 京セラドームオリックス-のプロ野球公式戦で国歌斉唱 

 

主な演奏・公演活動

 

「CASHBOX」での毎月のライブのほか、下記のような営業公演を行っています。 
●全国の小中高校での芸術鑑賞会(のべ20万人以上の生徒・学生) 
●自治体主催の人権・平和コンサート(大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・福井・徳島・香川・岡山・広島・島根) 
●国体開会式典・スポーツ大会などでの選手団歓迎演奏(兵庫国体、ボウリング関西オープン、バドミントン選手権大会) 
●豪華客船でのディナーショー・海外クルーズ公演(ぱしふぃっくびいなす、ふじ丸) 
●ライオンズクラブ・ロータリークラブ・青年会議所主催のファミリーコンサート 
●花火大会・夏祭り・カウントダウンイベント 
●商業施設のアトラクションイベント 

    • Twitter Clean
    • Facebookのクリーン

    © 2018 A cappella Group PYLON